シーズン・時期を工夫すれば、よりホテルは安くなることもあります。まず、ホテルの特性として、シーズンや時期が繁忙期に入ると、料金も高くなる傾向があります。大型連休や長期休暇の時などには、ホテルも稼ぎ時となるわけです。当然、料金を高くしても利用者は確保できますし、そういう時ではないと休めないという方は、ある程度高くても利用してくれます。それを使って、ホテル側は料金を高く設定しているのです。逆にそれ以外のシーズンや時期となると、やはり閑散期と呼ばれる時期などには、利用者も少なくなる傾向があります。

外国人近年は海外から利用する方が増えていて、閑散期にもある程度利用者を確保できているホテルもありますが、それでもやはり閑散期は利用者をもっともっと増やしたいと思っているホテルが多いです。そうなると、ホテル側も料金を安くして対応してくれることが多いです。

利用者が多くなるように部屋の料金自体を安くしているので、そういうシーズンや時期を狙っていくというのも良いでしょう。そうすれば、必然的に安くすることができるということもあって、利用者の満足度も高くなります。結果的にホテルの評価や評判も良くなり、どちらにとっても良い結果となるでしょう。